予防ができるから怖くない|認知症に立ち向かえ

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

治療を効果的にするために

老人とPC

ヘモグロビンa1cの値により、過去2ヶ月程度の血糖値のコントロール状態を知ることができます。ヘモグロビンa1cの数値が5.4%以上ある場合には、悪化する可能性もあるので、早めに医師に相談し、生活習慣を改善させます。その際に、サプリメントなどを利用するのも有効ですので、検討してみましょう。

もっと読む

どうすれば解消できるのか

女性

むくみを解消するには、原因を知ることが大切です。原因を知ることで、適切な食事や運動をすることでむくみを解消できます。しかし、普段の食事だけではむくみに効果がある成分を摂取することは難しいので、サプリを併用するとよいです。

もっと読む

摂取するメリット

ジョギングする夫婦

藍藻類の一種であるスピルリナには、様々な栄養素が含まれています。摂取することでマクロファージ機能の向上や抗アレルギー作用、アンチエイジング効果など様々な効果を期待することができます。摂取するにはサプリメントなどで簡単に摂取できるというメリットがあります。

もっと読む

栄養素に注目して

微笑む男性

食事の見直しから

認知症予防のための方法はいろいろありますが、食事で摂取する食材を認知症に効果的なものにするといった方法なら、自宅でも簡単に実施することが可能です。もっともそういった栄養素もさまざまで、含まれる食材もいろいろです。それでも比較的バランスよく栄養素が含まれる食事としては和食が推奨されており、青魚や緑黄色野菜、海藻類や納豆などが良いと言われています。もっともだからといって特定の食材ばかり食べていては栄養バランスも悪くなりますし、飽きることもあります。そういった場合に便利なのがサプリメントで、効率的かつ手軽に求める栄養素を摂取できることから、健康効果とともに認知症予防のためにも利用するケースも増加しています。

バランスを考えて

認知症の予防には食事に含まれる栄養素に注目することが効果的ですが、他にも指先を使う作業や適度な運動、頭も使うゲームなど、さまざまな予防方法があります。それゆえに食事だけでなくこれらの他の方法も併用することでより効果的な予防となりますし、食事も偏らないようにバランスよく食べることが大切です。ただしオメガ3脂肪酸などは食事だけではなかなか十分に摂取することが難しいので、そういった場合は健康サポート食品を利用すると良いでしょう。またあまり知られていませんが、抗酸化作用のあるハーブには脳を活性化させる働きもあり、同時に精神安定作用や香りを楽しむことなども見込めるので、ハーブティーを飲むこともおすすめです。