治療を効果的にするために|予防ができるから怖くない|認知症に立ち向かえ

予防ができるから怖くない|認知症に立ち向かえ

夫婦
このエントリーをはてなブックマークに追加

治療を効果的にするために

老人とPC

早めの行動が大切です

ヘモグロビンa1cは、NGSP値で5.4%以上あると、時々血糖値が高い、境界型糖尿病の疑いがでてきます。さらに6.5%以上あると、糖尿病の可能性が高まり、8%以上の状態が長期間続くと、合併症を引き起こす危険がでてきます。境界型糖尿病の時点で、すい臓のインスリンを出す能力が弱っていることも多いです。早めに医師に相談して、ブドウ糖負荷試験などを行い、すい臓の能力を確認するのも有効です。その上で、生活習慣を見直すなど、適切な処置をすることが大切です。早めに行動することで、すい臓の能力を維持できますし、糖尿病の治療にも非常に役立ちます。そうすることで、食事療法や運動による効果も出やすいですし、それをサポートするサプリメントなども効果的に利用できます。

知っておきたいこと

ヘモグロビンa1cは、血液中のヘモグロビンとブドウ糖が結合したグリコヘモグロビンの一種です。グリコヘモグロビンは、高血糖の状態が長時間続くと生成され、その中でもヘモグロビンa1cは、糖尿病との関係が深いです。ヘモグロビンa1cの値により、過去2ヶ月程度の血糖値の状態を知ることができ、数値が高いほど高血糖の時間が長かったことを示します。したがって、ヘモグロビンa1cの値を改善するには、血糖値が正常な時間を長く保つ必要があります。そのため、食事や運動などを通じて、普段の生活習慣を改善することは重要です。その上で、健康食品やサプリメントなどを利用するのも有効な方法です。サプリメントの種類は豊富で、様々な成分の商品がありますので、お試し商品なども利用しながら、納得できるものを探しましょう。